AQBロゴ
AQBロゴ

AQBインプラントシステム

spEnglish Pages
HOME > トピックス > DSA情報

  • DSAとは
  • DSA設立趣旨
  • DSAが目指すトータルシステム
  • 研究会報告
DSA設定趣旨
DSA 活動目的
生体親和性・審美性に優れた高精度上部構造の開発と実用化
○ 安心・安全な歯科医療:金属アレルギー、環境ホルモンの問題解決
○ セラミック系材料の活用:新ハイブリッドレジン、審美オールセラミック等
高強度審美材料による上部構造の開発と実用化(メタルフリー)
○ 高強度セラミックの活用:ジルコニア、アルミナ等(欧米で急速に実用化)
○ インプラント、一般支台歯:メタルフリー各種コーピング、フレーム等
上部構造の低コスト化による患者さんに喜ばれる歯科医療の実現
○ 貴金属・希少金属の価格高騰
○ CAD/CAMシステムの活用:自動化によるコスト低減(欧米では実用化)
上部構造の咬合様式のガイドライン確立による確実な歯科医療システムの構築
○ 三次元データの解析:咬合応力解析とCADによる形態設計
○ 形態の最適化:咬合調整等の治療時間の短縮と耐久性の実現
DSA 具体的な活動内容
DSAの活動
○ 安心・安全な材料: 研究・開発と実用化
○ 最適形態の設計・製作: 三次元応力解析とCAD、低コストCAM
○ 臨床評価: 会員による評価と研究会での検討・改善
○ データ保存: 破損時・定期交換時の再製作・形態修正が容易
○ ガイドライン: インプラント上部構造ガイドラインの構築
○ 一般支台歯への拡大: 上部構造の臨床応用範囲を広げる
DSAでの臨床評価と今後
○ 評価期間中は無料、その後は会員価格で提供
○ インプラント保護を重要視し、上部構造を定期交換
○ 一般支台歯への拡大と金属冠との入れ替え
○ 生涯研修 : 基礎・臨床知識・技術の取得、三次元バーチャル実習等
○ 資格の認定・委嘱 : 権威ある組織・制度の確立
○ 研究会の拡大 : 講師会、支部会、学会への移行
電話・Fax・E-mailにて、DSA事務局あてご連絡ください
DSAお問合わせ


 
com