AQBロゴ
AQBロゴ

AQBインプラントシステム

spEnglish Pages
HOME > トピックス > 特別情報・地域情報

■南九州研究会発足!
鹿児島、宮崎、熊本、沖縄のユーザー集い研究会発足


研究会メンバーの先生方
 北海道に続き、九州でもAQBユーザーの会が発足しました。名称は”IAI南九州研究会”。鹿児島県、宮崎県、熊本県、沖縄県のAQBユーザーの先生が集まり、今後半年に一度会を持ちユーザーの輪を広げていきます。会長は大浦教一先生にお務めいただき、IAI理事の黒山祐士郎先生、大森桂治先生、津山泰彦先生にも顧問として会の活動にご協力いただきます。
 去る4月14日(土)には発足会を鹿児島市内にて開催、

黒山先生の記念講演
先生方は「勉強を重ねて手技を高め、ユーザーの輪を広げていこう」と語りあっていらっしゃいました。また、記念講演として、黒山先生に「AQBインプラントの基礎と臨床」と題してお話しをいただき、参加者の皆さんは、熱心にお話をきいていらっしゃいました。








■IAI南九州研究会
  1. 「AQBインプラント」を使用する歯科医院(歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士など)の「AQBインプラント」に関わる基本的知識と専門技術の向上を図り、口腔インプラント医療の発展と水準の向上に寄与し、地域住民の健康と福祉に貢献することを目的とする。
  2. AQBユーザーとしての仲間意識を持ち、情報の交換や共に不安、疑問等の解消に努めることができる交流の場とする。
  3. 患者さんへのインプラント導入、増患に関する情報交換を行う。
  4. インプラント埋入に関する質問、症例相談を行い、より安全で簡単な埋入方法の提案を行う部署を設け初心者の方も安心して参加できる環境をつくる。また、難症例の相談も行う。
  5. 定期的に講演会、勉強会及び症例検討会(年2回の予定)等を開催する。
    症例検討会の開催時には会員の先生の症例の提出をお願いする。症例は「失敗症例」を歓迎しその対応について考える。「最近の症例」の発表等発表しやすい環境をつくり、優れた発表についてはIAI研究会への発表も視野にいれる。
  6. できればインプラント用CTを設置し、会員へ安価で供給したい。

■発起人の先生方(順不同)
会 長  大浦 教一先生(大浦歯科クリニック院長)
副会長  小松 俊博先生(小松歯科医院院長)
   藤村 卓生先生(藤村歯科クリニック院長)
理 事  長田  博先生(長田歯科医院院長)
   栗栖 佳夫先生(クリス歯科医院院長)
   篠原 勝久先生(中央歯科医院院長)
顧 問  黒山 祐士郎先生(黒山歯科口腔外科医院院長、IAI研究会理事)
   大森 桂二先生(大森歯科医院院長、IAI研究会理事)
   津山 泰彦先生(三井記念病院歯科・歯科口腔外科部長、IAI研究会理事)

■お問い合わせ
 アドバンスAQB事業部九州地区担当
 Emailアドレス:qqqe4439@circus.ocn.ne.jp


 九州以外の地域の方で研究会にご興味をお持ちの方は下記までご連絡ください。
 Emailアドレス:aqb@advance.jp



 
com