AQBロゴ
AQBロゴ

AQBインプラントシステム

spEnglish Pages
HOME > トピックス > AQBユーザーインタビュー(関東・甲信越地区)


村上歯科医院(東京都杉並区) 村上 昇 先生
 シンプルでありながら、精度に優れたインプラント

 「杉並区歯科医師会の先輩方に『術式が簡単で付きがいい』と教えてもらい、AQBを導入しました。 最初は半信半疑だったのですが、実際に施術してみると本当に初期固定が早く、しかも以前使っていたIよりも強固に固定しているという感触でしたね。 パーツやツールがシンプルな分、以前よりコストも下がりました」
 杉並区の住宅街にある村上歯科医院の院長、村上昇先生はAQBを導入された感想をまず、こうお話くださいました。 先生はAQB導入後、補綴の面でも特長を感じられたとおっしゃいます。

 「1ピースですので、審美面で若干心配していたんです。 しかし支台歯形成をすることにより、補綴の自由度が高いことに気付きました。Iに比べ技工操作もシンプルなので、技工士さんにも評判がいいですよ。 しかもこれまでの複雑な技工操作がなくなった分、技工料を下げることができ、患者さんにインプラントをさらに安価でご提供できるようになりました。 これはできるだけ多くの方に、リーズナブルに、ご満足いただける治療をご提供する上で、大きなメリットですね」
 こうおっしゃる村上先生は、常に患者さんの身になって治療を施すことに努めて日常の臨床に取り組んでいらっしゃいます。 保険診療はもちろんのこと、自費診療においても妥協は許されないとおっしゃる先生は、最後にAQBのメリットをこう付け加えてくださいました。
 「AQBはシンプルであるがゆえにチェアタイムが短縮でき、それでいて精度も優れている。国産社製なので、より日本人の顎骨の規格に近いと感じます。 購入後のインプラント体のサイズの無料交換のほか、AQB新聞での実践的な情報提供や、営業担当の親身なアドバイス等、サポート体制も充実しているのも他にはない特長だと感じます。 心強く、安心して治療に取り組めますね」


 
com