AQBロゴ
AQBロゴ

AQBインプラントシステム

spEnglish Pages
HOME > AQB独自の特許技術(骨・歯肉との結合性) > 再結晶化HAコーティング 実験データ

再結晶化HAのここがすごい!

HAコーティングと再結晶化HAコーティングの違いはX線回折で一目瞭然!
結晶性の高いHAを作製するには、プラズマガス、溶射距離、溶射速度などの溶射条件および原料粉末の粒子径などを設定しなければならず、難しい技術とされてきました。
HA粉末を原料粉末に用いる従来の方法の場合コーティング層内にHA 以外にリン酸四カルシウム(TeCP)や酸化カルシウム(CaO)といった高いpHを示す不純物を含んでしまいます(図1参照)。TeCPやCaOは溶解性が高いのでHAコーティング層の溶解の原因のひとつと考えられています。
再結晶化HAはX線回折により、結晶化度純度が非常に高いことがわかります。
HAを溶射したコーティング層 再結晶化HA工程を施したコーティング層
図1
ha_layer
図2
sha_layer

ha_layer2

従来のHAコーティングに使用されている原料粉末は高温度のために溶解し、強アルカリ性を示すCaO、TeCPなどが分解生成物として含まれるため、周囲pHを変化してしまいます。よって、骨を作る「場」が乱され、骨の再生が阻害されます。

sha_layer2

再結晶化HAコーティングは表面にHA微結晶が析出し、極めて結晶性が良いです。従って、コーティングからの不純物の溶出はなく、pH7前後を保持し、骨を作る「場」を乱すことなく、骨の再生を促します。

再結晶化HAコーティングへ戻る




 
com