AQBロゴ
AQBロゴ

AQBインプラントシステム

spEnglish Pages
HOME > トピックス > 臨床例


AQB T−typeのそもそもの発端は、術式がシンプルな1ピースでは難しいとさ れる難症例に対し、形状にプラスαすることで施術を容易にできないか? と いう発想からだそうです。開発者の堤先生にお話を伺いました(文中敬称略)。
外務省歯科診療所・所長
堤 義親 先生
 AQB T−type開発の背景を教えてください。

 AQBインプラントは、歯台部における再結晶化ハイドロキシアパタイトコーティング(以下HA) の骨伝導能による早期の骨結合で治療期間短縮を実現し、またツールを極力少なくすることで施術方法を簡素化し、仕様変更のない安定した扱いやすいシステムとして、国内有数のインプラントにまで成長しました。 1ピースタイプの発売から14 年経過し、その間にユーザーの先生から様々なご要望も届いています。 そのご要望のうち、「1ピースの術域を難症例にまで安全に拡大できたら、臨床により生かせる」という声を実現したのが、今回発売のT−typeなのです。

 T−typeの特長を教えてください。

 従来のAQB1ピースを改良した形状で支台部にテーパー6°を付与しており、皮質骨と接するアバットメント部の径が約0.4 ?、通常サイズのものより太くなっています(左図)

 その改良の結果生まれたT−type固有の強みを教えてください。

 右表の3点がT−typeの特長でしょう。
難症例の確実性・安全性の向上
中間サイズ誕生
外部応力に対する抵抗力UP
 まず、従来の1ピースでは施術しにくいとされているソケットリフト、サイナスリフト、鼻腔底挙上などを必要とする症例において、沈下、迷入の防止策になり安全性が向上、初期固定の確実性を高めたことが最大の特長でしょう。 またアバットメント部の径が約0.4?拡大したことにより、強度がアップしたことに加え、結果的に従来のAQBラインナップの中間サイズが誕生したことになります。 例えば、歯槽骨の幅が狭く直径3?しか適応しない症例においても、T−typeであればアバットメントは約0.4?マージンの径が太くなり、補綴的な処置にも審美的な面においても有効であろうと考えます。下は臨床試験におけるT−type症例で、予後も順調に経過しています。

 ツールは従来と一緒ですか?

 術式、ツールともに従来の1ピースと同様ですが、T−type専用のフィクサーが必要となります。 この点、営業担当者などに聞いていただき、手技を確実にして臨床に生かしていただきたいですね。





今回発売のAQBT−typeは、難症例の施術がより安全に1ピースタイプ で実現できる待望の製品です。実際に臨床でT−typeの施術を行い、学 術大会でも発表された黒山先生にお話を伺いました(文中敬称略)。
黒山歯科口腔外科医院・院長
黒山祐士郎 先生
 AQB T−typeにおける工夫と特長を教えてください。

黒山 AQB T−typeは2005年、堤義親先生の発案で開発が開始されました。 支台部先端にRを施し、患者さんの舌を傷つけないような工夫がなされており、また従来のAQB1ピースに対して支台部に6°のテーパーを施し、直径が最大で約0.4?太くなっています。 上顎洞への迷入、沈下防止に役立つものと考えます。 フィクスチャーのネジの支台部分を移行的に形成した結果、従来の同サイズより強度アップしたのも特長の一つでしょう。

 実際にT-typeを臨床に用いられた症例における感想をお聞かせください。

支台部に6°のテーパーを付与、直径は最大約0.4 ?UPし確実性・安全性に貢献
支台部先端にRを付与
ネジ切り形状変更で強度UP
黒山 ソケットリフト、サイナスリフト症例に関しては、AQB1ピースよりも沈下防止の効果があると実感できました。 下記症例は、皮質骨の薄い患者さんのたってのご希望によりサイナスリフトでインプラントを施術した症例です。 術後経過は良好であり、T−typeの効果とAQBの骨誘導能を改めて実感しています。
 また抜歯即時症例にも数例適応しましたが、すべて良好な経過をたどっています。 通常の症例にもT−typeは対応することが可能だと考えますが、フィクスチャー12?のものがあればさらに適応症例が広がると考えています。

黒山 いずれにしても様々な工夫を施しながら、基本手技に忠実に施術して適応症例を拡大したいものです。




患者:


40 代女性 インプラント治療を希望するも、2つの医療機関で治療を断られた後に来院。
抜歯即時、鼻腔底挙上。サイナスリフトを用いた症例。
術前口腔内写真 前歯部抜歯及び左側サイナスリフトの術中 インプラント植立後口腔内写真 上顎右側犬歯抜歯即時及び右側サイナスリフト後の口腔内写真

術前パノラマエックス線写真

サイナスリフト部CT画像
(皮質骨の厚さ約2 ?)

術後パノラマエックス線写真

最終補綴物装着。一年半経過後も予後は良好である。


AQB T−typeの詳細はこちらから


 
com